FC2ブログ

うんびの初日

1342621816913.jpg
僕はその日、昼から休みをとり、首脳陣の指示通りに巨大鉄板を用意した。用意は一人ではできないからおっちゃんとメカドックに手伝ってもらった。そして、公民館に運び込んだら公民館でバーベキューをしてはいけないと、えっバーベキューじゃないよ。僕は食品衛生責任者だし…。みたいなことをしながら3時に林野駅に一行を迎えに行った。
林野駅ではホストのスタッフから遅いと言われ、へいへいと言いながらボランティアたちを乗せたが、さすがに2週間分の荷物は巨大で僕のデリカでも5人乗せたらパンパンだった。スキーに行くより荷物が多い。
公民館に帰ると、また別のスタッフさんから、あなたのとこに来る韓国の子は?って、ハッとして予定を見ると岡山からバスでバスセンターに到着となってる。ヤバっ、こりゃ一人でさみしいだろうなと思い飛ばしていくとまだバスはついてなくて一安心。
少しするとバスが着いて、一番最後に運転手さんと話をしながら大きな荷物を持って降りてきた。間違いないこの子だ。
マイネームイズとナイスチューミーチューで挨拶をして、その後はカタコトの日本語で話した。
出会いのドライブ、いい子だねってすぐにわかった。
スポンサーサイト



うんび が帰った

空港まで、送った。
手紙もらった。
見送った後に泣けた。

ありがとう。

夜、うんび のお父さんから電話があった。

うんびとも話せた。

ありがとう。

今日からまた別々の国で別々の生活だけど、また会える日を夢見て成長しよう。

ありがとう。

今年も始まった 歓迎ウンちゃん

去年の絵理ちゃんに続き、今年もかわいいお客さんがきてくれました。
今年はおばあちゃんちに預かってもらってるからこうして夜にパソコンを打つのも一人だけです。
また、明日の朝会いましょう(#^.^#)
ゆっくり眠れてるかな。暑くないかな。お風呂はちゃんと入れたかな?いちいち確認できないけど、それも仕方ない、おばあちゃんと仲良くなってくれたらいい(*^。^*)
今日は、がんばって鉄板用意したけどホントに大変だったなあ。またまたおっちゃんとメカドックに助けられました。ありがとう。助けられることはいいことです(^_^;)

明日の楽しみは、ウンちゃんと自転車通勤、さらにロシアのマリアも一緒です。

国際交流の反省会

今日は午後7時から国際交流の反省会があった。

僕はすっかり一杯やるものだと思っていたら、本当の反省会だった

この前から広島のことをよく書いているけど、ボランティアでホームステイに来る外人さんたちもやっぱり広島には興味があるみたい。A.A.B生まれの人たちばかりだからねいいことだと思う。

広島と並んで戦争の悲惨さを現代に伝えているのが、鹿児島の知覧、そう特攻記念館だ。あそこに足を踏み入れた瞬間、目頭が熱くなるもう空気がちがうものね。

萩原先生は子供たちをあそこに連れて行ってやれという。僕もそう思うけど、いや、そうですね。子供たちもちゃんと成長してるから早めに見せてやった方がいいですね

国際交流の話だけど、活動報告書に僕の感想文も載せてもらえることになった。僕の場合、国際交流というより一人娘が増えた家族の話にしかならないけどね

ただ、今日も言ったんだけど、せっかく日本に来てくれたんだから、この国の歴史や文化、日本人の持つ美意識みたいなものをもっと伝えたい。そのためには、僕らも彼らの国の歴史や社会的背景を勉強して迎えなければお互い分かり合えることは難しいんじゃないかってね。
僕は一期一会を大切にしてるけど、現代は世界中どこにいたってまた会える。連絡とれる。スカイプで今でも顔を見て話せる。

国際化の時代ですね。一番の反省は僕の英語力の低さでした

もう一つ、今日はいいことがあった。一生懸命頑張っているとても素敵な人がいる。
少し、悩んだり心にもやもやするものがあったのかもしれない。
だけど、正直だから悩むし、正しく自分らしくあろうとするからもやもやもする。
自分で言うのもなんだけど、僕はすごく繊細で、本当はあれこれ気になる方だ。だから疲れる。たぶん気にしない人は疲れない。気にしない人の倍くらい疲れていると思う。だけど、太っているからやっぱりそれは違うのか。
いやいやそんなことどうでもいい。
今、話した素敵な人の話だ。自分に正直に自分らしく、そう魔女の宅急便のキキのように時には落ち込むこともあるけれど、です。
僕は強い人より、悩みながら生きてる人が好きです。

元気でね(ToT)/~~~

お父さんは、今日も素直に泣けなかったです。これがお父さんの性分ってやつだし、日本人らしさってやつです。でも心の中は、どしゃ降りレイニーデイです

彼女はとってもラッキーな女の子です。

沖縄の家族、大阪の家族、美作の家族み~んな絵理のことが大好きでとても親切な人ばかり。

今の日本、こんないい人ばかりじゃないよすごくラッキーだったね

今日8/29は夏休みをもらいました。夫婦で神戸空港に迎えに行きました。沖縄から神戸まで帰ってきた娘はちょっぴり〇〇してたかな

たった2週間だけの家族だけど、2週間だって家族として親子として過ごした16歳の娘が一人で沖縄から帰ってきて、神戸から関西空港までさみしく一人で行かせるような、僕はそんな親じゃありません。

関西空港では、大阪の家族が預かっていた荷物を持ってきてくれたから最後の見送りはバトンタッチしました。

それでいいんです。別れてからさみしくなって、もっと強く抱きしめればよかったと後悔したけど、人生とはこんなもんだと一人で納得することにしました。

一期一会って言葉があるけど、いつも一期一会を意識しているけど、今や世界はどこに居たってすぐに会える時代。これからまた会うチャンスはいくらでもある。僕の家族にはカリフォルニアに住んでいる娘が一人いる。それだけです。

とにかく元気でね。あのあと、まったく英語の勉強してない自分が恥ずかしかったです。英語の勉強するって約束したのにね

今の寂しい気持ちを表現すると…

絵理がいなくなって、家族中さみしい想いなんだけど。

お父さんが一番さみしがっているんだけど…。


忙しさのあまり、時がどんどん進み気持ちが薄らいでいき、昨日までのあのさみしさを昨日のものに感じ始めているのも事実。

そこで、そのさみしい気持ちを僕の友人たちにわかってもらうために解りやすく説明します。

君たちはジャッキーチェンの「スパルタンX」を知っているよね。スペインで撮影され、スケボーを使いスパルタン号でユンピョウとジャッキーがファーストフードのお店をするやつ。そうそう、最後にお城でジャッキーとベニー・ユキーデの戦いが見ものだよね。ジャッキー、ユンピョウ、サモハンが力を合わせてヒロインのシルビアを助ける話なんだけどね。

そう、僕の心境は、事件が解決してシルビアと別れ、スパルタン号で浮かない顔して抜け殻になってやる気のない仕事しているユンピョウと同じなんです。あのユンピョウが今の僕です。

すいません。それが言いたかっただけです(;_:)

そのあと、またすぐシルビアが現れてハッピーエンドになるんだけどね。

今日から絵理がいない

大阪まで行き、海遊館で遊んで、お別れしてきました。

何日も前からこの瞬間が怖くて…、

何度も涙を流してきたけど、今になって実はまだ別れというものがはっきり実感できていません。

ただ、さっきまでは確かに親子だったけど、今は親子かどうか自信がない。

今は、絵理が残してくれたメッセージをぼんやり眺めているだけのお父さんです。

明日は7時10分の飛行機で東京に行きます。

おやすみなさい。

いつも思い出の中のあの日をさがしている

今日はすごい雨だった。

夜は国際交流ボランティアのみんなが、ホストファミリーや地域の人に各国の料理を作っておもてなしをする日でした。

ご飯を食べた感想は、「やっぱり日本食が世界ナンバーワンかも…」って、感じ(^_^;)

でも、アメリカの料理は全部絵理が作ったらしい。Good tasteなんか日本人でもオッケーな感じの味付けさすがは絵理

結局9時ごろまでかかりました。今日は小学生に人気が出て疲れ、料理も一人で頑張って疲れ、自分の食べたい日本食はなくて、とても疲れたそうです。

温泉に行こうかと誘うと喜んだので、急いで準備をして、10時クローズの湯郷温泉にあわてていきました。We are lucky びこーずnear温泉なんて言いながら二人で温泉に行きました。

僕はこんなことも感じています。絵理がお父さんに素直についてくるのはやっぱり知らない土地で一番やさしいお父さんに甘えるのは当たり前。お父さんは全部包んでいてあげようと思ってます。

そして、お父さんは、思い出を蘇らそうとしているのです。子供たちが小さいころお父さんについてきていた時代を。素直な絵理を通して、かわいい娘や息子たちのことを思い出して、懐かしい昔を思い出そうとしているんだと。気づいているんです。

人間はいつも思い出を頼りに生きている。僕にはその傾向が強いかも。


家に帰ったら、絵理が唯一日本の歌で知っているというファンモンの「あとひとつ」をギターで弾きました。喜んでくれたので、調子に乗ってスタンドバイミーやハードデイズナイトも弾きました。さらに調子に乗って松山千春のギター本を持ってきていろいろ歌っているときにはもう聞いてませんでした。中国語で本当のお父さんとスカイプ電話してた。おじゃましました~(+_+)

お父さんは反省してます

お父さんは反省してます

お父さんがちゃんと勉強してたら絵理ともっとたくさん話せたのに

お父さんが伝えたいこと、絵理が伝えたいこと

伝わるって大切で素敵なこと

お父さんはやっぱり反省しています

絵理が言ってくれたよね「勉強は何歳でもできる」

すごい子だなって思ったよ

涙が出そうだった

お父さんは英語の勉強始めます


お父さんはすぐに想像します

絵理がいなくなる日のことを考えるとさみしくてたまりません

うちの子供たち、絵理の弟たちや妹もいつまでもお父さんだけの子供ではありません

そろそろ自分の人生を歩き始めています

絵理が居なくなる日のことを考えて泣いたあとは

彼らがこの家を出ていく日のことを想像してしまいます

お父さんは泣き虫です


絵理はいつもお父さんに何かを教えてくれてるね

お父さんはやっぱり幸せです

もう少し、もう少し、絵理のお父さんでいさせてください

絵理が迷子になったらお父さんがすぐに見つけてあげる

もう少し、絵理の笑顔をお父さんにください

曇りの日はいい天気だね

明日も一緒に自転車で出かけよう

もううちの娘です

今年、初めて、国際交流ボランティアのホストファミリーを引き受けました。
どんな子が来るのかとドキドキしていたけど、アメリカカリフォルニアから来た18才のゴルフ少女、イタリアの母と日本人の父を持つ(ただし日本のお父さんはずっと中国にいるため中国語しか話さないらしい)ハーフのスレンダー美人。
うちの子供たちは17歳、15歳、13歳だから一番上のお姉ちゃん的存在。僕はどうしてもお父さんでしかないけどね
すでに、何日か経って別れの日が来ることを考えると、すごくさみしい。
家族って大切な存在だよね。

ああ、ホントにいい子が来てくれてよかった今、夜中の1時が来ようとしているけど、僕と二人でキッチンでそれぞれのパソコンをいじってます。つながって良かった~世界中にいる友達にいろいろと報告するんだって
IMG_1139.jpg

長男は進学目指して津高でがんばっているだけあって、英語力が僕の3倍くらいあったな。助かったぞ!