FC2ブログ

実は…

P1000973.jpg
ここはどこだ雪か良い天気だなあ

P1000975.jpg
スキー場っぽいなんで

P1000978.jpg
サングラス浜省リフト

P1000984.jpg
いやぁすまんすソーリーざます

どうしてもシーズン終了前に一滑りしたくて去年も今年も子供が受験で…、なんとなく気にしたり忙しかったりで毎年10回以上行ってたスキーに全然行けてなくてあまりに哀しいからいつかは不明だけどちょっと休んで行かせてもらいました。

ここはちくさ高原、美作から1時間ちょっとで着けます。スキー専門のコースで関西方面からも優良スキーヤーが訪れる比較的元気のあるスキー場です。

この日は朝9時半くらいから滑り始めたけど、上の方は適度に固く、圧雪したばかりの雪がサイコーでした。(ホントのサイコーの雪とは当分会ってないから今の僕にはご馳走です)

そして何より、パラパラいるスキーヤーにめちゃうまい人がいないこれがいいんです。こう見えても僕はスキー1級ですから、そこそこ滑れるんですが、今はカービングスキーの時代スクール関係者や本気のスキーヤーの目って意識しちゃうんですよね

この日はそこそこのかわいいスキーヤーばかりで、思いっきりマイカービング大回りを堪能しました。(けっこうなスピードなのでこんなガラガラの日じゃないとなかなか出来ない)気持ちよかったッス~
あ~、春スキー行きたいなあ


カービングスキーについて、参考です。10年ほど前のゴールデンウィークに栂池にヘリスキーをしに行ったとき、居酒屋のおばちゃんが親戚の子だって言ってた当時売り出し中のスキーヤーの映像です。真ん中あたりからカービング大回りが見えます。こちらをどうぞ丸山貴雄のカービングスキー

P1000988.jpg
もう4月がくるってのに西粟倉に抜ける道はこのとおり
スポンサーサイト



ついに来た(^o^)壁画保存活動ベネッセ補助金交付決定!

ベネッセコーポレーションに申請していた今年の壁画保存事業、やっと交付決定が届きました。30万円申請していたけど、決定は15万円。望むところです
これは強がりではなくむしろそれで良かったと思ってます。全部補助金でなんとかなるようならやらない方がマシとまで言わないまでもありがたみは確実に落ちます。みんなの士気も上がりません。少しずつ自分たちのお金を出し合い、寄付を募っての壁画修復こそ僕らが目指す地域保全活動です。がんばりましょう!
さっそくですが、会議をしましょう。会員・中学校(美術部)・林野高校、みんな呼んで話し合いましょう
4月中に草刈と野焼きしたいなあ
デザインも決定したい
がんばろう、日本!とか、がんばろう、東北!とかも入れたいなあ

湯郷河川の茅刈りと野焼き&精米

しかし、ベネッセからの連絡来ないなあ

いつくるんかなあ明日かなあ3月中には連絡あるはずなんだけど

まあ、もうちょっと待ってみましょう


3月27日はいろんなイベントが自粛で中止になり、東粟倉で梅の植樹をするはずが、これまた雪で中止になり、結局湯郷の河川の茅刈りと野焼きに参加しました

ゆうらぎ橋からほうらい橋までけっこうな広さですたくさん刈ったよ

案外早く火をつけるもんだから怖かったです。
P1000967.jpg

久しぶりにピアノにも行けました

夜には、妻が急に米がないと言い出して、実家に玄米を取りに行き、畑沖のコイン精米機で30キロ精米しました。実家に10キロ、うちに20キロもらって米びつに入れときました。
P1000968.jpg
これに300円入れて普通を押すと
P1000969.jpg
玄米を吸い込んで
P1000970.jpg
うまそうな白米が出来る。

いつもは誰か子供を連れて行くけど誰もついてこねえ不機嫌マックス

津山から歩いて帰った:-)

テンプレートは日本中が一つになれるように願いを込めたモノに変更しました。


だけど、僕は、貴重な「仕事のない休日」をサイテーな感じで過ごしました。

昼から、妻と買い物に(庭の手入れをしようと)出かけましたが、車内でケンカして、津山市河辺のナンバ駐車場から湯郷のまで歩いて帰りました

車だとすぐだけど、歩いたらけっこう遠いよ~

P1000965.jpg
やっと勝央町

靴もジョギングシューズじゃないし
あ~、時間の無駄だったダイエットにはなったかな

内示出た(-_-)

なんか、めちゃくちゃ異動してるなあ。僕は異動なかったけど、感想は複雑です。納得の異動もあるけど、なんでも多い。

で、今日は恒例の人事委員介。僕は用事があって、11時に介合流。なんと、もう帰ろうとしているではないか

僕はよかったんだけど、ミスター、つよし、ジョージがカラオケしようって言うんで、11時半から1時までしました。

そこで、思わぬ収穫、O親分のしとしとぴっちゃん、ミスターのおふくろさん、飛び道具というのか必殺技というのかフィニッシュホールドを決められる大技がなくて苦しんでいたんですが、ついに運命の1曲と出会ってしまいました

おっちゃん、ミスター、親分、次から練習ですよ○○食いねぇ

寒かった一日(心も寒かった)(>_<)

昨夜は、おっちゃんとまんちゃんの凱旋帰国慰労会でしたO親分、I兄さん、ミスター、僕の6人で先ずは「介」、そして湯郷に流れて例の「かな」。
おっちゃんは、帰ってからずっと、みんなに現地の様子を聞かれ、「もう同じ話ばかりするのがめんどくせぇ」って言ってたけど、1次会ではI兄さんが一人でしゃべりまくり、2次会ではミスター、O親分、僕がずっとカラオケをするので、おっちゃんたちの慰労会なのにほとんど現地の話をしないで過ごしました。いやぁ、結構飲んだんでしょう。酔っぱらってました。2次会の支払いの時、千円札と5千円札をたぶん間違って払いました。3千円払ったつもりが7千円払ってたって話です
そんで、今日は朝から二日酔い感がすごくあって、おまけに自動車を北山に置いたまんまだから、出勤を自転車でと思ったけど、間に合いそうになかったのでバイクで行きました。それがまたチョー寒くて、朝から瀕死状態に陥りました
そんなつらい状態の一日でしたが、コツコツと林野高校のマイドリームプロジェクト事業の支援策をパソコンに打ち込み明日にでもインフォメーションに上げてみようと思っています。教頭に確認メールを送っています。

追伸 夕方、3階の部屋である職員が、「被災地支援にはドリーム推進室がそのまま行って、災害支援室になるって言う話があるんじゃない」みたいなことをたぶん僕に聞こえるように言っているのか…。まあ、正直呆れましたが、いつもそんなことばかり言っている人だからいちいち相手にはしません。とりあえず名前・内容・時間だけ忘れないようにメモしておきましたが
バッドなニュースもあるしね…

淡路島の木村先生、ありがとうございましたm(_ _)m

P1000955.jpg
僕の力不足であの程度の人数しか集めることが出来ず本当にすいませんでした。

でも、この1年(ドリームプランでまともに動けたのはこの22年度だけですから)で、知り合い、仲間になってくれた方々がたくさん来てくれてありがたかったです。嬉しかったです。

いつも助けてくれる人は今回も助けてくれたし

去年の萩原先生のときのアンケートに「こんないい講演なら、市役所の人が近所の人や友達にもっと声をかけるべきだ!」と、書いてあったのを思い出しました。そういう体制を1年間で改善出来なかった僕にも責任がかなりあるなあと、思いました。

なんか、話したいこととは真反対の方向に行っちゃってるけど、自分の人集めの反省として、あまりにも今まで助けてくれた人をあてにしすぎて、用事で来られないとなると一々ショック受けて

それに木村先生の話を聞いているとすぐに人数だけを(かっこうだけを)なんとかしようと思ってたことが、急に恥ずかしくなりました。
ちゃんと話を聞きに来てくれた人たちがこんなにいるのに、空席を埋めることばかり考えていた僕が情けなかったです。
P1000952.jpg

参→産→賛→参→産→賛→参→産→賛……となるように。僕の心にもちゃんと「産」がありましたよ。そして夜はちゃんと「賛」したからまた「参」できます

昨日「参」してくれた人で「惨」だったのは僕だけだし、そんなとこから「産」まれるものもあったから「散」にはならないはず。ネっ

おっちゃん、凱旋帰国(^o^)

今日は繰法大会でした。朝7時から準備してバタバタしました

そして、おっちゃんたちが帰ってくる日でした。

繰法が終わると後輩のmオカくんが「ちょっと、家に行ってみようで」と言い出して。僕はおっちゃんから「疲れているから、そっとしといて」って、言われていたから、それはどうかな怒りはせんだろうけど大丈夫と、思いながら、自宅を訪ねるともう2本缶ビール飲んでいました。風呂にも入ってさっぱりってとこでした。

でも、やっぱり疲れて居るみたいだから、早めに帰りましたとさ。

おっちゃん、お疲れ様でした。


その後、役場に行って明日(もう今日)の講演会の準備をして、今、僕の車は講演会グッズで満載です。みんな来てくれるかなあまあ、今日も繰法があって、貴重な休みといえば貴重な休みだもんなあなかなか人集めは大変です。

いつまでも人間関係の「しがらみネットワーク」に頼っている僕がいけないのかも知れないけどね

おっちゃん、がんばれ!(>_<)5

おっちゃんがんばれシリーズも5回目かでもあと少しで帰ってくるはずです

美作市から支援物資が出発しましたよ

明日の山陽新聞とかみまチャンネルとかを賑わすはずです。2011031717010000.jpg


でも、おっちゃんからの情報では、なかなか物資を渡すところがないようで、支援物資を持ってきても渡せないままウロウロするようなことが起きているようです。

今日もおっちゃんと電話で話しましたが、話している最中にも余震があり、放送が鳴っていました。

大変疲れているようだけど、日に日にその生活に慣れていくおっちゃんの状況適応能力はすごいと改めて感心しました。

今日の出発式にはおっちゃんの友人も来ていたよ~

あと少し、がんばってください!

参考(災害援助者のストレス)

以前、美作を訪れてくれた新潟の中越防災センターのいくちゃんから災害時における援助者のストレス反応への注意を教えてもらいました。


このような反応が出ている方は休養が必要です。

・私にしかできない状態
 私にしかできないと思いこみ、他の人に仕事を任せることができなくなる。
本人は高揚した気分で、この状態が長く続くと、燃え尽きてしまう。

・燃え尽き症候群(バーンアウト)
 高いストレス下で能力や適応力を使い果たしたあとに陥る極度の疲労困憊状態。
仕事から逃避したり、酒におぼれたり、逆に仕事に没頭したりするようになる。

・被災者離れ困難症
 被災者から感謝されたり自分の援助活動に大きな充実を味わうことがある。
しかし、徐々に被災者が援助や援助者を必要としなくなると、自分が拒否されているように感じたり、自分がいらない存在であるかのように感じる。これはストレス反応である。

・もとに戻れない状態
 自分自身の援助活動が終わっても、被災者や他の仲間を残して帰るという気持ちから、なかなか終わった気持ちになれない。また、平凡な日常の仕事に価値を見いだせなくなる。

 このほか、熱心に援助活動にあたり、他の人に比べて元気で活躍してみえるような状態である人が一番危ないです!周りの方々にも気配り願います。
 被災者のためにも適宜休養し、万全なかたちでムリせず援助活動を行なって下さい。



とのことです。