FC2ブログ

なんやかんや疲れるなあ(T_T)

昨日の壁画会議のあと、しらさぎでKよちゃんに愚痴を聞いてもらったり最近の動向を聞いてもらったりして、気分転換、今日の朝はすっきりした気分で目覚めたはずが、やっぱりドタバタの一日になりました。ハァ
(自動車に乗ったときおっちゃんにも電話したけど…。飲んでたら上着脱いでたので着信に気づかず失礼しました。)

今日は一日休みなので、朝風呂(湯郷温泉、徒歩2分です)に行きました。ゆっくりジャグジー風呂につかり疲れをとり露天風呂で快晴の空を見ながら温まって。風呂から出て新聞を読んでるとN村くんから塗り残し絵の正体を知る貴重な情報が。(N村くん、本当に頼りにしています。)

温泉を後にして、今度は昭和館へ。卵かけご飯を食べようと思っていたのですが、まだ用意してないとのこと。残念だったけど、竹中館長とおしゃべりしながら、コーヒーをよばれ、試食用の吉備団子を食べながらゆっくりマカロニウエスタンのレコードを聴いて、今話題の雑誌KITENAを読みくつろいでいたら妻から「何しとん」と電話。チラチラっと中を見たら超おもしろそ~。また、ゆっくり来て見学しなくちゃ。
駄菓子
昭和部屋
昭和館2
昭和館
SF.jpg
コーヒー

昭和館を出てふくますの横、鳥越薬局の横を通り、スミレ写真館の奥さん(優しくて品があって湯郷1素敵な人ファンです)に挨拶して、弘栄堂で挨拶して、エースでちょこんと挨拶して、うーん、やっぱり人間のスピードは歩く速さなんだなって感じながら、尾高駐車場のマイカーをとって帰ろうとすると親父の車とすれ違って。
ちょっとの間だけどめちゃくちゃ地元感のあったひとときでした。
お客さんが来たら案内して自分も楽しめるとこある湯郷。なかなかいいところですよ。

ここからですよ。大変なのは、ちょっと前に夫婦げんかして津山から歩いて帰ったのはこのブログで報告済み。木曜日の夜から今度は親子関係(年寄りとの)がギクシャク。で、関係修復の花見に行くことになったけど、ちびたろうは吹奏の練習、二人の高校生はめんどくさいと言う、当たり前だけど、まあ、行ってみようと頼む、そうこうしながら年寄りを迎えに行くと「遅い」ともう怒っている。まあまあ、といいながら、いい隠れポイントがないかと作東を通り、結局英田の滝宮に。滝宮でキャンプ感覚の花見をし、雲海、佐伯のファミリーパーク、今度は長男がブツブツ言い出し、なにやら寮に入って部活がしたいと。帰ってからけんか腰でその話をして疲れました

男42才、思春期の子供3人、まだまだ子供感覚の妻、元気すぎる母、元気の落ちてきている父、岡山で暮らす弟、こういう愚痴を聞いてくれてた姉は天国。仕事以外にもこれからいろいろなことが起こるんだろうなあ。問題児のことも気になるしなあ

どっちが大人かわからないよ

今日は、娘の入学式、「来るな!」と強く言われているのに、どうしても行きたくて、ノコノコと出て行き、おまけにPTAの役員にもなってしまいました

ホームルームでは若い先生が一生懸命みんなに注意を与えてました。少しやんちゃで熱さが先行する若い先生と落ち着いた優しい副担任の女の先生。いいコンビで見ていてワクワクしました。

終わった教室から出てきたアホな子供とアホな親、こちらのホームルームは真面目な話をしているのに窓越しに手を振るバカ親子、終いにはカメラ撮影大きい声で注意してやろうとよっぽど思ったけど、単身津山に乗り込む娘の立場を考えグッと堪えました

いや小学校のPTAで議長しているときから思ってよく総会のときなんかに注意してたけど、人の話を聞けないバカな親が多すぎます。人が、例えば校長先生が話しているときに、黙って聞けない。大事なことを話しているときに黙って聞けない。こんな親が多すぎです。品格がないです。最低限の礼儀です。

夜は壁画の会議だったけど、これもうーんだったなあ親の心子知らずというのか。去年「僕らの絵は勝手に塗り替えられて僕が塗った場所はもうないんです」と言った人は、前回か前々回に紹介した生け贄から友人を護ると勘違いしている彼で、……。
そしたら今日は別の人が絵が変わっているとかは誰も気づいてないから、変わっていようが元に戻そうがどっちでもいいなんてことで。

ちょっと疲れました。去年のあの言葉の衝撃は僕にはは大きかったんで大勢の人にそのことを訴えてきています。どうでもいいことをうまく利用され吹聴して回ったってことなのか



闘う君のことを闘わないやつらが笑うだろ ファイト
冷たい水の中をふるえながら上ってゆけ!

あたし中卒やからね仕事をもらわれへんのやと書いた
女の子の手紙の文字はとがりながらふるえている

ガキの癖にと頬を打たれ、少年たちの目が歳をとる
悔しさを握りしめすぎた拳の中爪が突き刺さる

ファイト

中学生のときに聴いた歌で、さすが中島みゆきと思ったけど、今思い出してまた違う感じを受けます。

冷たい水の中をふるえながら上っていけばいいんです
思い返せば、かっこいい人はみんなこの冷たい水の中をふるえながら上って行ってる

気分転換(^o^)

気分転換バイク
4月になってからガソリン価格がどんどん高騰している。

僕の愛車は4輪駆動の3000?燃費がチョー悪いガソリン入れるのがつらいから、最近はバイク通勤をしている。おお、なんと神々しい。このバイクの名前はゴッドいやINAZUMAって書いてある。ヒーかっこいい木村健吾の(イナズマレッグラリアート知ってますか?)

というわけで、最近、気持ちの良いのは通勤の時間だけですね。昨日、今日辺りからかなり温かくなってきています。ずっと倉庫に入れてる時間が長かったから、今年はイナズマくんと思い出づくりに久々に小旅行行ってみようかな

このバイク、きれいに見えるけど実は13年前に新車で買った物です。新車15万円引きキャンペーンでその月に契約して払わないとまた値引きがなくなるという恐ろしいスズキの販売方法にとまどった僕は、かき集めたお金に足らずの約40万円を現在1階にいるA課長にお金を貸してもらって買ったものです。まだ知り合って3ヶ月くらいのことでした。ホントにその節はお世話になりました。僕を信用してくれてありがとうございましたm(_ _)m

不満たらたら(4月8日は23年度の第1回打ち合わせ)

ついに、23年度も始動します。

ホントに世間というのは
荒れたままにしておいたときには、誰も何も言わなかったのに、4枚の絵をきれいにしたとたん、塗り直してない絵のことを「汚い」だの「一つだけ残してかっこわるい」だの好き勝手なこと言ってくれて

ホント「どの口が言ってんだって思っちゃうけど、実はそんな大衆心理は最初からお見通しで、去年だけで完成させないで、大衆の声で継続させるっていう手はずなんです

まあ、何も言わなかった人が、少し注目されるようになると文句を言いたくなる。自分ならこうしたとでも言いたいような

いかん、いかん最近の僕はどうも心が狭くなっている

壁画もかなり草が生えて汚くなってますよ

10日が選挙、17日が消防、24日も僕は予定ありで、それだけでも焦っちゃうなあ
P1001018.jpg
変な草が生えてるんだよなあ
P1001021.jpg
4月になると草が元気になるなあ
P1001015.jpg
ゴミも多いし

追伸 今年核になってもらわなくちゃいけない人に案内を送ったけど「家庭の事情で参加できない」って、「替わりの誰か声をかけて」って返事すると、「自分が参加できないときに代理で出席してなんて言いたくないです」なんか勘違いしてないかと、かなり腹が立ったけど、仕方ないのかね寂しいわ

気分の浮き沈みの激しい僕(-_-) 何が善で何がそんなに悪?

最近、常々思います。何が善で、何が悪か?いや、何がそれほどの悪なのか?

悪は悪でもそんなに騒いで、その人を攻撃して、その攻撃は最初は正義の鉄拳のつもりでいたのかも知れないけど、途中から悪意に満ちた反則パンチに変わってないか?

確かに世間の声は冷たい。

別に公務員に対してのことを言っているわけではありません。ただ、ひとたび悪者としてマスメディアやネットで取り上げられたら世間というモノは徹底的に悪としてたたきつぶしにかかります。

みんなちゃんと自分の頭で考えているのか?

それぞれの立場で考えているのか?

それぞれの立場、自分の頭・自分の心でちゃんと考えないと、いつの間にか自分をなくしてしまうよ。



例えば、何か罪を犯した人Aがいる。

その人の罪を追求し、責めることで、自分の正義を世間にアピールしている人Bがいる。

罪を犯した人の罪のない家族Cが、世間からいじめられ自殺する。

今度はマスコミが追求した人Bの行為が行き過ぎだったと、攻撃する。

Bの家族Dがいじめられる。



必要なのは不幸の連鎖を起こさないことだろ?



票を獲るために世間の風潮を利用し、必要以上に誰かを傷つけるような政治家は尊敬できない。



無責任な2チャンネルの投稿。

日本人には「弁慶の勧進帳」を愛する心があるはず。



大相撲の八百長問題も、カンニング問題も、誰が誰を裁いているのかよくわからない。

とにかく、無責任なマスコミやそれによって報道される大衆心理に惑わされず何事も自分の心で考えてみようと思う。



東京の研修で「危機管理能力の向上」という講座を受けた。災害時の対応マニュアルのようなものを期待していたが、法規を専門にしている講師の先生からはいわゆる「トカゲのしっぽ切り」の方法とタイミングばかりを教わった。非常に冷たい講義だった。マスコミ・メディア・世間からの責任追及攻撃に対する危機管理だったのである。

「泣いて馬謖を斬る」というようなものではない、会議してたんたんと一番斬っても痛くない部分をオーバーアクションのパフォーマンスで切る方法である。

管理職になってエライ人になれば、必ずこの能力が必要になると30年間法規をやってきたという先生が言っていた。

この前の講演で木村さんが言っていた。ものごとには裏と表がある。すべてのモノは立体で見る方向が変われば違うモノに見えることもある。

面倒かも知れないけど、僕らもいろんな角度から見てみようよ。きっといろんなことが分かり合える気がする。

優秀なことと尖ることは違うと思う。優秀の優は優しいっていう字。優しいっていう字は人が憂いを感じて優しいになる。

な~んか今日はそんな気分の火曜日の夜です。まちづくりは思いやりだ~

愛の村パークで梅の木植樹(^^;)

4月3日、日曜日、美作市内は県議選で真っ二つ
両陣営ともたった一日の日曜日をどう展開するか重要な日でもあります。

しか~し、我々には選挙活動はありません。この日も美作市の木、梅を東粟倉の愛の村パーク内の水親公園へ植樹です。P1001002.jpg
かなり、荒れ地なんですが、ボランティアの力で1年生30本、4年生30本を植えました。
P1001000.jpg
この写真には写ってないですが、子供たちも参加し、自分たちで書いたネーム札をそれぞれ木に掛けていきました。
P1001006.jpg
東粟倉の若者が、何かを始めるきっかけづくりリーダーの方もとても熱心です。ドリームイースト闘魂団のこれからの活躍に期待です。
一般参加者の数の割にはマスコミ関係は多かった

途中には、誰の招きか、選挙カー