FC2ブログ

これはマムシ?せっかく退治したのに(>_<)

5月8日、日直中、入社2年目の税務課のHし本くんが、「あの、蛇がいるんですけど、どうしたらいいんでしょうか?」と、宿直室に。
なんだ、なんだと行ってみたら、なんと日曜日の役場のフロアにちっちゃい銭形の茶色い模様をつけた蛇が!

マムシに間違いないと思った僕は、怖いけどとにかくやっつけて、また乾燥させた骨を食ってやろうと気合いのモップ攻撃でヤツをしとめました
怖かったので頭を踏んづけて首をちぎってやろうとしてかなり傷んでしまったけど、月曜日、橋本さんにきれいに皮を剥いでもらったらなんとかなると思い、日陰の植え込みにそっとかけておきました。
NEC_0066.jpg
そして、今日見てもらったら「ああ、まるちゃん残念、こりゃあなめその子じゃあ」「この銭形がようにとるけん間違えるんじゃけどな」へっ「でもけっこう闘争本能むき出しで口あけてきたで」
「いや、なめその子もけっこうくるんじゃ」

はっなめそ

とにかくマムシではなかったようです。滋養強壮にはマムシ最高らしいよ!

ザ・ブルーハーツ

金曜日、歯が痛くて(正確には歯のないところが痛くて)、歯が痛くて、泣きそうで家に帰ったら、めずらしくあねまんから電話がいや~、彼も大変みたいですなあ。
男の40代、おっちゃんも、あねまんも、たぶんメカドックも大変なんだろうなあ(^^;)

結局、あねまんには僕のブルーハーツコレクションを貸し出しすることになりました。

「青春時代を思い出してください
NEC_0068.jpg


話は、また歯の話に戻ります。とにかく金曜日は歯が痛くて痛み止めを飲んで寝たものの翌朝は痛みで目が覚めまた朝病院で診てもらうと、僕の親不知はずっと悪さをするたびに抗生物質で押さえ続けていて、それが関係在るのかないのかよくわかんなかったけど、とにかく抜歯後、肉が盛り上がってこず穴が骨まで達しているらしいこうなると長引くんだって

歯医者に行った後、せっかく津山まで来たので、ブックオフに行きミーシャのバラードベスト250円(ミュージックステーションで見て聴きたくなった)とワンズのシングルコレクション500円(これもミュージックステーション)を買っちゃいました。

そして、最後にブルーハーツのギター弾き語り本があって、悩んだのですが、あねまんとの会話もあったので、これもご縁だと考え、1400円だったけど、買っちゃいました。

家でちっちゃい声で引き語っていると最後の方のアルバムの曲「夜の盗賊団」に感動して自分で歌って自分でちょっと泣いてしまいました。

こんな歌詞です。
プラネタリウムみたいな満天の星空の下、レンタカーで走りながら流れ星をたくさん見たよ、今夜、たぶん雨は大丈夫だろう。5月の風のビールを飲みに行こう~
~取れたての免許で僕らは笑ってる 夜の盗賊団 たくさん秘密を分け合おう~

なんかね、昔僕らが免許取り立ての頃、いつも車で夜から朝まで走り回り、好きな子の話をしたりしてた若い頃を思い出しちゃってホロっときました

いつまで続くの?この痛み(T_T)

いや~ほんまにかなわんですわ

ロキソニンはやっぱり効くなあ飲んでるときだけ回復するわ

今日、病院で診てもらったけど、あれだけうがいしているのに親不知を抜いた穴の奥深くから、大量の食べかすがオえっ

明日も病院だぁ痛み止めくださ~いあと胃薬も

来週はスケジュール満杯だけど、回復するかなあ



明日の記事はゴルフにします

とにかく歯が痛い(歯というより歯のないところが痛い(>_<))

ほんまに調子出ませんわまとまった休みを楽しく過ごす。子供の予定も気にせず楽しく過ごそうと心に決めたはずなのにとにかく歯が痛い
明日は仕事忙しいけど、歯医者に行きたいという行かんとヤバイ(>_<)
抗生物質、痛み止め、痛み止め、胃薬、痛み止め…、と薬漬けになっています。

昨日5月4日は、それでもとちょっと気合い入れて、富村までバイクで行って(ちびたろうが泊まりに行ってるし)姉の墓参りしてきたけど、また今日は逆戻り府中焼きが失敗だったかも(T_T)
NEC_0056.jpg
NEC_0060.jpg
フェイスブックにも書いたけど、今年はこのイナズマ号で思い出作りの旅に出ようと思います。
彼も今年でもう13才、明らかに経験不足のイナズマちゃん、目標2万キロ
前に乗ってたSRXくんは、もうこの世に存在しないんだろうなあ。寂しいなあ。

「親思ふこころに勝る親心」

最近の僕の記事では、ツイッターやフェイスブックのことばかり、まるで現代の情報処理能力向上にはまっているように思われるかも知れませんが、実はその逆なのです。

デジタルからアナログの世界の良さへ、さらに情報処理能力に関しては吉田松陰先生の飛耳長目の世界へ心が惹かれます。

今日のブログタイトルから吉田松陰先生の教えを思い出しました。

ですが、このタイトルの意味はこの連休、久しぶりにゆっくり家にいてしみじみ感じることです。僕には3人の子供がいまして、もうみな大きくなり部活や勉強やゲームやテレビや漫画に励んでいます。

この連休は家族サービスをしようと張り切っていたのですが、家族5人揃って休みの日(というか家にいる日)は、とうとうありませんでした。

末っ子の部活が一番忙しいので彼の休みの日である4.5日に家族の団体行動をと目論んでいたのですが、結局長男が部活、末っ子も従兄弟のうちに泊まりに行くと言って、ばあちゃんと出て行きました。

我が家では、もう子供の予定に合わせて待機することはあまり効率的でないような気がしています。

そんな中、明日友達と遊びに行く予定の娘が、8時ころから真剣な表情で、メールをしたり、勉強したり、おそらく明日は遊びに行くし、宿題がたまって困っているだけなんだと思うのですが、いつもの笑顔が消えると僕はとたんに心配になるんです。特に娘は心配です。学校のこと友達のことうまく楽しくやってたらいいけどと、心配になります。

そんなことを思っていると頭の中に浮かんだのが「親思ふこころに勝る親心 けふの音づれ何ときくらん」吉田松陰先生の辞世の句(実際には留めおかまし大和魂って処刑される前の句が最後だけど)を思い出しました。

僕の場合、まだまだただの親バカで何も分かっていないひよっこ親鳥ですが、自分の子供のことになると本当に急に気持ちが落ち着かなくなり、心配になり、動物的感覚で子供を守ろうとする行動やこの感じは、親という生き物になってから知る感覚です。

江戸時代、まだ藩という単位でしか自分の住んでいる世界観がなかった時代、いち早く日本という単位で国を憂いた松陰先生。と、同時にコミュニティの最小単位である家族を深く愛した吉田家(実家は杉家)。

「親思ふこころに勝る親心 けふの音づれ何ときくらん」この心をまちづくりに深く関係づけていこうとすると今度はトムクルーズの「7月4日に生まれて」みたいに「国民が国を愛するように、国も俺たち国民を愛してほしい」なんて話になって余計ややこしくなる(>_<) ああ、もう寝ますzzz…

ゴーロデンweekなんもしない一日(-_-)

な~んか、今日一日休暇だったのにな~んもしなかったわ。
ま、子供たちを部活に連れて行ったりは、したけど。
あとは、借りてた小説「ジーンワルツ」を読んだぐらい。
確かに抜歯の影響で痛み止め飲んだり、胃薬飲んだりで調子上がらないんだけどね。

僕は、意外にケガや病気がおおくて、たくさん切ったり縫ったりしてるけど今回の歯はダメージでかいなあ。

幼稚園に上がる前に幼稚園の鉄棒で遊んでいて、手を骨折、幼稚園のとき二段ベッドから落ちて手を骨折、小学校の1年のとき足の裏に針を踏んで、取り出す手術に足の裏を2針縫い、2年生のとき逆まつげの手術で目の下を縫い、5年生のときまた逆まつげの手術、中一で盲腸から腹膜炎を併発16針ほど縫う大きな手術に、高校生のときも口の中にできものができ、口の中を縫う手術、大学でも目の下にできものができまた手術、最近では車のゲートが落ちてきて頭を10針縫うケガ、脱腸の手術、手を粉砕骨折してまた手術、手の時も手術後痛くて夜中に看護婦さんに痛み止めをもらいました。この他にもそろそろおしりがやばいかも(>_<)

そんな痛い経験を積み重ねている僕にも今回の抜歯はつらいです(>_<)

明日は気合い入れて、オートバイでも乗ってみようかと、ちょっとだけ思っています。読んでおきたい本もあるにはあるんだけど、天気いいみたいだし

奥さんは急に庭いじりを始めています。いいことです