FC2ブログ

僕とスキーの履歴書

初めてスキーを足に装着したのは、小学5年生のとき、親父が町民スキーに連れて行ってくれた。画期的だった
僕は湯郷のまちをよくローラースケートで走り回っていたから、当然スキーもできると思っていた。しかし…、スキーを装着した瞬間僕の身体は後ろ向きに滑って行きどうすることもできず、どんどん下へ滑って行った。かろうじて横に転んで止まった恐ろしい、スキー恐ろしい
緩斜面の上からハの字にして降りろと言われたが、ローラースケートで馴らしていた僕には「はなんであんなダセーことせにゃいけんのな」みたいな感じで、まっすぐ降りた。やっぱりどうにもできないちょっとジャンプしてかろうじてスキーを横にして止まったが、こりゃ、おっさんたちの言うこときかにゃいけんなと理解した。
それからは、順調だった。ハの字にしてなぜか反対に体重を移すとその反対に曲がる、おもしろい。どんどんおもしろくなる。その年は、大茅にも連れて行ってもらった。
次の年は、お金に余裕のありそうな友達を町民スキーに誘っていった。(その当時は子供ながらに家庭に無理の効くやつをちゃんと選んで誘った。スキーはお金かかるからね。)その次の年も友達を誘っていった。もうスキーはほとんどプロ級にできるつもりでいた。

それからずっとスキーに行ってなくて、大学2年のときかなリーアーが僕の下宿でしきりに言うんです。「水木はデパガがおる」デパガというのは、デパートガールのことで、当時バブルの絶頂期の日本は女子たちが全員「私をスキーに連れてって」を夢見て、冬になるとユーミンソングがそんな気分を盛り上げてた。
そんなときに言うんです。「デパガがおるけん行こう」って、そこで、僕らが誘ったのはやっぱり幼馴染のメカドック、だけど、このときのメカドックはちょっとインドア派だったのか頑として「行かない」の一点張り、あきらめて声をかけたのもやっぱり幼馴染のノーヤー、この男は「デパガ」の誘惑にすぐに負け、大阪から名古屋の栄に出てきて、夜行バスに乗り込んだ。今日は、この辺にしときましょう(^_^;)
スポンサーサイト



蔵王1999オリジナルメンバー

2012が24ということは、2000は12、僕が共済に行ってる2年目の冬だからたぶん平成11年、ということは1999か。

蔵王メンバーで実に12年ぶりにスキーに行きました。僕となべ君以外は当時のスキー靴にスキー板。

劣化が激しく、プラスチックの部品はボロボロに壊れていきました。

この人たち大丈夫かな、足手まといにならんかなと心配したけど、まあ、蔵王まで行ったメンバーだけあって長いスキー板で一昔前と変わらぬ滑りを見せてくれました。メカドックなんかは、むしろ昔よりうまくなってる感じがしましたね。長い板で一定のリズムのショートターン、カービングスキーにしてくれたらもっとおもしろい世界に足を踏み出せるんだけどなあ!(^^)!

4人ともいいペースで滑るから体力の消耗も早く、何回も何回も休憩して、つく米山荘の人たちもあきれたでしょう(^_^;)オジサンスキーはそんなもんです。女子がいたらもっとがんばれるけどね。

1999のツアーは3泊4日だったのかな、格安ツアーで蔵王の旅館に2泊、仙台で1泊だった気がする。蔵王での2泊は、2日とも旅館のラウンジで7時から12時まで地元のお酒からウォッカまで飲みつくし(若かったからね)、翌日の午前中ふらふらしながら滑ってました。ナーベーとメカドックがほぼ同時に別のグループの女子二組に声をかけ、二組ともいい返事をしてくれたので、僕らは4人で7人をエスコートする状態になりスキーを楽しみました。
残念ながらその日は仙台に帰る日で結局誰も何事も起らずでしたが、いい思い出です。
仙台ではリーアーとルーマーがケンカしたりして、大変でしたが、牛タンはうまかった。

次は完全復活の伝説ニセコメンバーで行きたい

久しぶりの投稿ですが…

24年度の壁画修繕事業ですが、あまりいい情報ではありません

岡山県が協働事業の募集をしていたので、壁画を守る会で補助金申請していました。

1対6(岡山県協働部局3人+河川部局3人)でヒアリングも行いました。で、次は事業のプレゼンをする予定だったんだけど、先日、通知が来て、「残念ながら…」だって

河川部局の人が、河川の中をあまりつついて欲しくないってな感じがあったから嫌な予感してたんですよね。あの絵が景観を損ねていた時期のことについてくどくど言われましたからね。でも、僕らがやる気をなくしたらまたそんな時代になっちゃうよ。何をもって協働って言ってるんだろう

これもお役所的な判断だなって思いました。

まあ、なんとかしましょう。がんばりましょう

後鳥羽上皇問題

後鳥羽上皇が起こした承久の乱ですが、当初は上皇軍が攻めてくるという事態に鎌倉の御家人たちは大混乱しました。このとき、名演説で御家人たちの結束を作った尼将軍と呼ばれる女性は誰でしょう?

①北条政子 ②巴御前 ③日野富子

正解①

解説 「頼朝将軍が鎌倉幕府を作る前のように、公家の言いなりになって生活したいのですか」といった政子の演説で気合の入った鎌倉の御家人たちが上皇軍を破り、後鳥羽上皇は隠岐に配流されることになるのです。

また、ノロウィルス?

2日間も休んでしまいました
すでにピンチです。

夜中の嘔吐と下痢、全部出ました。

きつかったです。

明日からちゃんと仕事しなきゃ、できるかな(^_^;)

医者にもらった薬飲んでだいぶ楽になりました。

2月11日は恩原にスキーに行きました。

恩原、人多かったっす~

久しぶりにリフトにならんだっす~

ゲレンデが寂しくなってからボードを始めた人が多いんでしょう、リフトの並び方のマナーが悪いね。
妙に人を意識して、自分の通り道を確保したいって感じのボーダーが多い

経験のなさがリフト待ちに出ちゃってるんだよね。

あ~やだやだ


2月11日の恩原はうまいスキーヤーがたくさんいましたね。

するどく滑ってました。

氷ノ山は意外とスキーヤーファミリーが多くて、お父さんお母さんが、昔の派手なウェアに長いスキー履いてほほえましい光景を見るけど、その日の恩原は津山市民スキーの日でもあって指導員クラスのスキーヤーがゴロゴロいました。勉強になりました。

僕が就職して先輩たちとスキーに行ってた頃は、どうしたらうまく滑れるんだろうと、毎日一生懸命考えていました。テレビ見て、本買って、ビデオ見て、。で、自分の滑ってるビデオ見て「けっこううまいじゃん」なんて思って(^_^;)

最近の人って研究してんのかなって思っちゃいますね。ボードの人を見ても、ショートスキーの人を見ても、なんとなく滑れたらそれでいいって感じなのかな。

確かに、ゲレンデに難しいシチュエーションがなくなっちゃってる感じがあるよね。

一昔前は、みんながスキーで細かくターンするもんだから、夕方には必ずコブ斜面だらけになっていたけど、今は、ボードが横滑りで全部均しちゃってるもんね。スキー場もコブはあまり作らなくなって朝夕の圧雪車できれいに均している。そのぶん朝一のカービング大回りは最高。二本のエッジの跡だけを残して高速で滑る楽しみ。コブ斜面のアンギュレーションを愉しむのもいいけど、あまりうまくは滑れないしね(今でも(;_:))。

まあ、とにかくウィンタースポーツは今だけの贅沢。やらにゃ損ですよ。

うまくなくたっていいんですから!(^^)!

何が面白いかって、うまくなっていく過程が一番楽しいんですよ!

あれだけ、スキーが流行ったのは、うまくなるためのステップがちゃんと確立していたから。難しかったからです。
だと思います。

雪とケンカせず、雪からの反動をうまく利用して、滑りに行きましょう!来年はまた受験生が二人の年で今年みたいに気持ちよく滑れないでしょうから(^_^;)

最悪のシナリオ(T_T)/~~~

今日は、なんかやたら疲れて、腰も痛くて、早くから布団でやすみました。

で、こんな時間に風呂に入って久々のブログ更新です


一日は、誰にも24時間、過ごし方はその人の自由。

その積み重ねが人生。

どんな人生が一番いいのかわからないけど、人の中にいる方がいいのはわかっている。


金や権力で人を動かすんじゃなく、心で感じて人の心を動かせたい。

そんな気持ちが全否定されないまちでなきゃいけないよね。


どうやら、最悪のシナリオ、制作真っ只中らしいです

まいった、まいった

でも、僕は今、悩んだり、立ち止まったりする時間がありません。


いいこともあります。次の土曜日、11日に職場の若手たちにスキーに連れて行ってもらいます。

場所は恩原高原、ワーイ うれしいです。また連れて行ってもらえるようにサービスしとかなきゃ