FC2ブログ

弁慶の勧進帳

そうそう、ちょっと書いてメモしておこうと思うのが、9月24日の終了レポート発表が終わったのが12時50分、ほとんどの人は弁当をとって会場で食べたけど、高校生は全員外に食べに行ったんです。
40分間の休憩で13時30分から木村先生の講演だったんだけど、彼らは一人も帰ってこず、連絡もなく、仕方ないので、講義を開始しました。
講義開始から20分くらいたってからでしょうか、全員が会場に戻ってきました。

間に合わない事情はあったのかもしれませんが、「時間を守れず」、「遠くから来られている木村先生に失礼であり」、「何の連絡もなかった」という事実は、どうにもなりません。
ふるさと塾にきてる高校生たちは僕にとってはホントにかわいい子供たちのようなもので、何を言っても、何をやってもまったく腹が立たないのが事実ですだけど、ここで僕が怒らないのは、木村先生に対して失礼極まりないと思ったので、少し話を中断して高校生たちにお説教をしました。すかさず、木村先生が彼らをフォローしてくれて、そのおかげでたいして雰囲気も悪くならずに講義を進められました。
P1040066.jpg

まあ、なんにせよ僕と木村先生のファインプレーです。義経を叩く姿を見て、関所の役人が騙されたふりをして、ああ日本人の美学ですね。(この自画自賛太郎は日本人らしくないかも…)

話は変わりますが、日本の美学と言えばカリフォルニアに帰っている絵理から手紙と写真楯が送られてきました。24日は打ち上げで午前様まで飲んで家に帰ったのですが、彼女の手紙を読んで夜中にまた号泣ですいい気分で飲んでたこともあり気持ちよく泣けました絵理ありがとう。
でも内容からはまたすぐに会えるってことが書いてあります。また近々に日本に来るのか?
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する