FC2ブログ

2月11日は恩原にスキーに行きました。

恩原、人多かったっす~

久しぶりにリフトにならんだっす~

ゲレンデが寂しくなってからボードを始めた人が多いんでしょう、リフトの並び方のマナーが悪いね。
妙に人を意識して、自分の通り道を確保したいって感じのボーダーが多い

経験のなさがリフト待ちに出ちゃってるんだよね。

あ~やだやだ


2月11日の恩原はうまいスキーヤーがたくさんいましたね。

するどく滑ってました。

氷ノ山は意外とスキーヤーファミリーが多くて、お父さんお母さんが、昔の派手なウェアに長いスキー履いてほほえましい光景を見るけど、その日の恩原は津山市民スキーの日でもあって指導員クラスのスキーヤーがゴロゴロいました。勉強になりました。

僕が就職して先輩たちとスキーに行ってた頃は、どうしたらうまく滑れるんだろうと、毎日一生懸命考えていました。テレビ見て、本買って、ビデオ見て、。で、自分の滑ってるビデオ見て「けっこううまいじゃん」なんて思って(^_^;)

最近の人って研究してんのかなって思っちゃいますね。ボードの人を見ても、ショートスキーの人を見ても、なんとなく滑れたらそれでいいって感じなのかな。

確かに、ゲレンデに難しいシチュエーションがなくなっちゃってる感じがあるよね。

一昔前は、みんながスキーで細かくターンするもんだから、夕方には必ずコブ斜面だらけになっていたけど、今は、ボードが横滑りで全部均しちゃってるもんね。スキー場もコブはあまり作らなくなって朝夕の圧雪車できれいに均している。そのぶん朝一のカービング大回りは最高。二本のエッジの跡だけを残して高速で滑る楽しみ。コブ斜面のアンギュレーションを愉しむのもいいけど、あまりうまくは滑れないしね(今でも(;_:))。

まあ、とにかくウィンタースポーツは今だけの贅沢。やらにゃ損ですよ。

うまくなくたっていいんですから!(^^)!

何が面白いかって、うまくなっていく過程が一番楽しいんですよ!

あれだけ、スキーが流行ったのは、うまくなるためのステップがちゃんと確立していたから。難しかったからです。
だと思います。

雪とケンカせず、雪からの反動をうまく利用して、滑りに行きましょう!来年はまた受験生が二人の年で今年みたいに気持ちよく滑れないでしょうから(^_^;)
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する