FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

襤褸(ボロ)を纏(まと)えど心は錦

ボロを纏えど心は錦。
まあ、そういうことで、新しい年ですが、何事にもうまく立ち行かない日々が続くと思いますが、自分なりに精いっぱい誠意のある行動さえとっていればいいじゃないか!(^^)!ということにしましょう。

壁画ブログだから先ず壁画の挨拶ね。
今年も掃除や雑草取りは引き続きやります。4月以降にはまた会費1000円を集めたいと思います。
8月13日は僕らの同窓会の日なので壁画活動はしませんが、11日の日曜あたり少し塗り直ししますか。

ところで、みなさん、子丑寅って十二支ちゃんと言えますか?僕、言えないんです。
年末家族にバカにされたんです。子丑寅兎辰巳までは
なんかサラサラッと来るけど、そのあと馬羊ってなんか言いにくいから自信なくて申酉犬亥はまたわかるよ。来年はバカにされないようにしよう。

以下ネットで調べた意味。
子(ね-ねずみ)ねずみは子孫繁栄の象徴です。
丑(うし)ひとつのことが終わって新しいことが始まる、「転換」の象徴です。
寅(とら)
卯(う-うさぎ)五穀豊穣をつかさどるとされています。植物の成長を見守る。
辰(たつ-りゅう)伝説の動物。辰(たつ)の字は「振」や「震」の意に通じ、雷や春の芽吹きなど、大自然の躍動・鳴動を象徴しています。
巳(み-へび)生命力の強いヘビは「命」そのもののシンボルとして、また稲作の守り神として信仰されています。そこから転じて、財産の守神にもなりました。
午(うま)馬は昔から神聖な動物でした。豊作や病気からの回復を願って絵馬を奉納する風習があります
未(ひつじ)「未」の字は、象形文字で木の枝葉の茂った様を表しています。また、未の月にあたる6月は、様々な作物が成熟する大切な季節。豊作への願いがこめられています
申(さる)水の象徴として、日照りや大火事を防ぐという意味がこめられています。お正月に猿回しが縁起がいいとされるのは、一年間を火事なしですごせますようにという願いがあるからですね。
酉(とり)本来、「酉」は稲を始めとする穀物の結実・収穫を象徴していました。その酉が取り込むの「取」に転じて「福取り」の神として信仰されるようになったんだそうです。
戌(いぬ)いぬは安産の守り神、そして金銀財宝の象徴でもあります。貴金属は白い色をしたものが多いので、白い犬がいちばん尊いとされています。
亥(い-いのしし)山の中から飛び出して農家の人にけがをささせたりすることもあるイノシシですが、実は「百姓のつくり神」と歌にもうたわれるとても大事な田の神・作物の神なのです。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。