FC2ブログ

気分の浮き沈みの激しい僕(-_-) 何が善で何がそんなに悪?

最近、常々思います。何が善で、何が悪か?いや、何がそれほどの悪なのか?

悪は悪でもそんなに騒いで、その人を攻撃して、その攻撃は最初は正義の鉄拳のつもりでいたのかも知れないけど、途中から悪意に満ちた反則パンチに変わってないか?

確かに世間の声は冷たい。

別に公務員に対してのことを言っているわけではありません。ただ、ひとたび悪者としてマスメディアやネットで取り上げられたら世間というモノは徹底的に悪としてたたきつぶしにかかります。

みんなちゃんと自分の頭で考えているのか?

それぞれの立場で考えているのか?

それぞれの立場、自分の頭・自分の心でちゃんと考えないと、いつの間にか自分をなくしてしまうよ。



例えば、何か罪を犯した人Aがいる。

その人の罪を追求し、責めることで、自分の正義を世間にアピールしている人Bがいる。

罪を犯した人の罪のない家族Cが、世間からいじめられ自殺する。

今度はマスコミが追求した人Bの行為が行き過ぎだったと、攻撃する。

Bの家族Dがいじめられる。



必要なのは不幸の連鎖を起こさないことだろ?



票を獲るために世間の風潮を利用し、必要以上に誰かを傷つけるような政治家は尊敬できない。



無責任な2チャンネルの投稿。

日本人には「弁慶の勧進帳」を愛する心があるはず。



大相撲の八百長問題も、カンニング問題も、誰が誰を裁いているのかよくわからない。

とにかく、無責任なマスコミやそれによって報道される大衆心理に惑わされず何事も自分の心で考えてみようと思う。



東京の研修で「危機管理能力の向上」という講座を受けた。災害時の対応マニュアルのようなものを期待していたが、法規を専門にしている講師の先生からはいわゆる「トカゲのしっぽ切り」の方法とタイミングばかりを教わった。非常に冷たい講義だった。マスコミ・メディア・世間からの責任追及攻撃に対する危機管理だったのである。

「泣いて馬謖を斬る」というようなものではない、会議してたんたんと一番斬っても痛くない部分をオーバーアクションのパフォーマンスで切る方法である。

管理職になってエライ人になれば、必ずこの能力が必要になると30年間法規をやってきたという先生が言っていた。

この前の講演で木村さんが言っていた。ものごとには裏と表がある。すべてのモノは立体で見る方向が変われば違うモノに見えることもある。

面倒かも知れないけど、僕らもいろんな角度から見てみようよ。きっといろんなことが分かり合える気がする。

優秀なことと尖ることは違うと思う。優秀の優は優しいっていう字。優しいっていう字は人が憂いを感じて優しいになる。

な~んか今日はそんな気分の火曜日の夜です。まちづくりは思いやりだ~
スポンサーサイト



コメント

止まらない誹謗中傷合戦

このブログをみてください。
酷いですね。明らかに選挙目的でしょ。この方も。
http://ameblo.jp/mimasaka009/entry-10847270778.html#cbox

どう思われますか?率直な意見をお願いします。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する